スマイル・ブログ
2020年 02月 14日

船橋市文学賞 受賞者発表

第32回船橋市文学賞の受賞作品が昨年を上回る応募総数168編の中から決定しました。

船橋市文学賞は児童文学部門を持つ特色ある文学賞で審査員は「魔女の宅急便」の作者でもある角野栄子さんが務めています。

令和初の文学賞に各部門で輝いたのは

小説部門では矢島寿子さんの「家族の擬態」
児童文学部門は袋布修一さんの「彼岸過ぎても」
詩部門は鈴木悦子さんの「春キャベツの事件簿」
短歌部門は竹内敦子さんの「栴檀の花」
俳句部門は菊池ひろ子さんの「花野行く」
となりました。

佳作には各部門2名の方々が受賞されています。

詩部門の鈴木悦子さんは小説部門でも佳作を受賞されています。

また児童文学部門の袋布修一さんは、昨年、同部門で佳作を受賞、
原さわさんは、今年も昨年に続き児童文学部門で佳作を受賞される等継続して様々創作を続けておられる方が受賞されています。

受賞作品集は4月1日(水)から各図書館で貸し出すほか、市役所文化課にて1部1000円で有償頒布いたします。