スマイル・ブログ
2020年 05月 21日

5/21 松戸徹船橋市長へ市内在住の会社経営者、金元天馬様より、マスク20万枚寄贈していただきました。

本日、贈呈式が行われました。

日本と中国の架け橋の仕事も手掛けていらっしゃる金元天馬社長は、新型コロナウイルスの影響拡大に対して、第二の故郷として千葉のためにお役に立ちたいと中国のアパレルメーカーの社長にマスクの提供を依頼してくださいました。

100万枚のうちの20万枚を船橋市に回してくださいました。

今回提供してくださったマスクは、欧米サイズのマスクを日本人の顔のサイズに合うように企画を変え、ゴムを短く、そして、品質にもこだわって丁寧に作ってくださったようです。

このマスクを届けるために、金元社長は平木大作参議院議員にメールを送り、平木議員から電話を頂いたそうです。

平木議員から船橋市の仲村県議へ、そして、船橋市へつなぎ、迅速な対応となりました。

頂いた20万枚のマスクは、船橋市の防災備蓄倉庫に直送したそうです。

船橋市では医療機関等へ提供しているマスクがほぼ底をついてきたところで、松戸市長も「今後、防災や秋以降の再度のコロナウイルスの流行への備えとしてもありがたい」と仰っていました。

私たち公明党船橋市議団も同席させていただき、金元社長の熱い思いと真心に感動いたしました。ありがとうございました。