スマイル・ブログ
2011年 07月 11日
障害者自立支援法の新法の移行について

障害者自立支援法の新法の移行について

質問1 光風みどり園が、新法の移行に伴い、どのように変わるのか、伺う。
答弁 平成23年4月1日から授産活動を中心に、大きく変わることはなく、そのまま通所出来る。

質問2 障害程度区分判定について、状態があまり変わらないのに区分判定が低くなることがある。それは、どのような事が考えられるのか。
答弁 ご利用されている施設などで一定の配慮がなされている場合は、区分の数字が低くなることも考えられる。

質問3 軽度の知的障害者の一般就労支援は、どのように行われるのか、伺う。
答弁 ご本人の適正にあった職場への就労及び定着を図る。
原則2年間の有期で、1年間延長される場合もある。
一般就労の定着のための支援も行っていく。

質問4 障害者の方が就労を続けるという事は、大変な労力のいることである。
職場に定着するための支援体制はどのようになっているのか、伺う。
答弁 就職後、概ね6ヶ月を目安に定着支援を行っている。